結果だけでなく過程も見てください

たい焼きさんの日々の奮闘を綴る日記です。

iPhoneの写真を手動で追加・削除する

今回の記事を実施する場合は自己責任でお願いします。
※5/13追記iOS5.xについて記載しました。

昔、iTunesが自動で空のフォルダと写真の同期を行い、
大事な写真が消えてしまいました。

同期怖い…iTunes怖い…まんじゅう怖い…

そんな方のために、今回は写真を手動管理する方法を紹介します。
脱獄(JailBreak)は不要です。

1. iTunesをインストールしておきます。

2. iPhone内のファイルを直接操作するためのファイラをインストールします。

Windowsの場合はiFunboxをインストールします。
http://www.i-funbox.com/

Macはよくわからないのですが、iPhone Explorerをインストールすれば良いみたいです。
http://www.macroplant.com/iphoneexplorer/

3. 以下のフォルダに写真のデータを追加・削除します。

XXXの部分は100とか101とかになってると思います。
RawFileSystem」から確認してください。

iOS4.xの場合
/var/mobile/Media/DCIM/XXXAPPLE
iOS5.x以降はこちら?
/DCIM/XXXAPPLE

4. 写真一覧情報やサムネイル情報を再構築させるためにフォルダ・ファイルを削除する

iOS4.xとiOS5.xで方法が異なるようです。

iOS4.xの場合

以下のフォルダをまるまる削除します。怖い場合はリネームでOKです。

/var/mobile/Media/PhotoData
iOS5.xの場合

以下のファイルを削除します。怖い場合はリネームでOKです。
ない場合は気にしなくてよいです。

/PhotoData/Photos.sqlite
/PhotoData/PhotosAux.sqlite
/PhotoData/com.apple.photos.caches_metadata.plist
/PhotoData/Thumbnails/120×120.ithmb
/PhotoData/Thumbnails/158×158.ithmb

5. iPhoneのデバイスを再起動します。

6. カメラロールを起動します。

ライブラリの再構築が始まります。
iOS5.xの場合は写真・アルバムがない、と言われますが、しばらく経つと
ファイルの復元が始まります。

再構築後写真データが正しく表示されているか確認して終了です。